Street performing and Streaming
in
Shibuya, Tokyo on July 2021

ZAIKO

金銀2頭の現代獅子が、渋谷に舞い立つ。

3Dプリントからうまれた現代獅子に生命をふきこむのは沖縄獅子の舞手たち。ダイナミックで愛らしい演舞に呼応するストリートダンス。渋谷4箇所をつなぐ街頭パフォーマンスおよびストリーミング配信を7月17日(土)18日(日)に開催。

デジタル時代の現代芸能が渋谷の最先端で太平を祈る。

現代芸能『獅子と仁人』は、世界にひろく伝わる獅子舞をもとに舞台芸術のあらたな表現そして鑑賞体験の創造に挑むプロジェクトです。7月17日〜7月18日の2日間に、渋谷駅周辺施設4箇所での街頭パフォーマンスおよびストリーミング配信をおこないます。

会場となるのは7月15日にオープンする渋谷ヒカリエのヒカリエデッキ、渋谷フクラス、渋谷ストリームそして渋谷キャスト。金銀2頭の現代獅子が各エリアを練り歩き、ストリートダンサーとともに街全体を横断しながら各所で約15分のパフォーマンスを披露します。

出演するのは、金銀2頭の獅子と2名のストリートダンサー。音楽は、シンセサイザーとパーカッションによるライブセッション。これまでオンライン配信およびオンデマンド配信にて発表された獅子が、はじめて人前に登場します。

さらにはワンコインで観覧できるストリーミング配信をアジア広域へと中継。最先端カルチャーがうまれる渋谷にふさわしい祈りの舞を、世界へむけて発信します。

現代芸能「獅子と仁人 渋谷の舞」
The Ancient Lion and Modern Man

7月17日(土)
17:00〜 渋谷フクラス 1Fおよび2F
18:00〜 渋谷ヒカリエ4F ヒカリエデッキ
19:30〜 渋谷キャスト ガーデン

7月18日(日)
15:30〜 渋谷フクラス 1Fおよび2F
17:00〜 渋谷ストリーム前 稲荷橋広場
18:00〜 渋谷ヒカリエ4F ヒカリエデッキ

※観覧無料
※雨天の場合は当日12:00に当ウェブサイトにて発表

現代芸能「獅子と仁人 渋谷の舞」ストリーミング配信
Live Streaming of The Ancient Lion and Modern Man in Shibuya, Tokyo

各会場のパフォーマンスをワンコイン(500円)で観覧できるストリーミング配信。配信投げ銭やライブチャットも。チケット販売はZAIKO(外部サイト)にて。 チケット購入はこちら


Movies

現代芸能『獅子と仁人』オンデマンド配信版
The Ancient Lion and Modern Man

購入$12 レンタル$5
35分/日本/2021年
制作・販売元:株式会社イッカク
https://vimeo.com/ondemand/ancientlionandmodernman

メイキング・オブ 現代芸能『獅子と仁人』
Behind the Scenes of Documentary: The Ancient Lion and Modern Man

https://youtu.be/V3AlL-pfhXk



Profile

銀獅子
NEO Ryukyu

2019年に発足の沖縄のエンターテイメントグループ。エイサー、琉舞、獅子舞、三線脈々と受け継がれてきた琉球芸能の革新を目指す。国内および海外のイベントに出演多数。2020年「令和2年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」採択。
https://www.neoryukyu.com/

金獅子
創作太鼓集団 心

沖縄県糸満市を拠点に活動する創作エイサーグループ。2011年8月に結成。沖縄の伝統芸能エイサーを中心に獅子舞、京太郎(チョンダラー)などさまざまな芸能を創作アレンジした演舞が特徴。
https://www.facebook.com/sousakutaiko.shin/

演出・振付
GRINDER-MAN

アートグループ。演出家のタグチヒトシと振付家の伊豆牧子をメンバーに、演出・振付を駆使して「いま・ここ」の身体表現を生みだす。国内外で舞台作品やメディアアート作品を発表するほか、ライブツアー演出やプロモーションのクリエイティブプランニング、映像の振付からキャスティングまで幅広く活動。文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品「HERO HEROINE」東京都現代美術館(2020)長崎県美術館(2020)台湾Taoyuan Art Festival(2019)ほか、YouTube「DanceBrewシリーズ」(2020)など。
https://grinder-man.com/

ビジュアルデザイン
WOW

東京、仙台、ロンドン、サンフランシスコを拠点に、広告における多様な映像表現から、様々な空間でのインスタレーション映像演出、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェイスデザインまで、幅広いデザインワークをおこなう。さらに、オリジナルのアー ト作品やプロダクトを国内外で多数発表。 作り手個人の感性を最大限に引き出しながら、 ビジュアルデザインの社会的機能を果たすべく、映像の新しい可能性を追求し続けている。
https://www.w0w.co.jp/

ピアノ、サウンドデザイン
畑中正人

独学で作曲、ピアノ、音響学を学び、1995年より札幌市を拠点に活動。「娯楽や芸術としての音」、そして社会の中で本当に必要とされ機能する「音のデザイン」をテーマに、20年以上に渡り、様々な舞台、イベント、CMなどで作品を手がける。東京スカイツリ ー「天望回廊」のサウンドシステムの企画構成演出(2012)、第10回札幌国際短編映画祭のテーマ曲制作(2015)から、公共空間、電子機器の操作音などのサウンド、ワークショップやレクチャーの実施まで、その活動は多岐に渡る。
http://www.hatanakamasato.net/

パーカッション
GOTO

ドラマー、ビートメーカー。静岡県出身。「DALLJUB STEP CLUB」「あらかじめ決められた恋人たちへ」「RHYTHM BILLGATES」「GOTO×OHTAKEKOHHAN」「HYPER SARDINES」のメンバー。自身のプロジェクトの他にアーティストのレコーディング、 ライブサポートなど精力的に活動を行う。「崎山蒼志 」や「あっこゴリラ」、「川谷絵音プロデュース楽曲」など。

ダンサー
黒坂建太

ダンサー。国内外のアーティストライブへの出演、舞台やプロモーションイベント出演、映画やドラマ、MVやCMといった映像出演など多数。BTS(防弾少年団)、チョジョンソク、CNBLUE(ジョンヨンファ)、STAR ISLAND(シンガポール、サウジアラビア)、大塚製薬「ポカリスウェット」CM、アメトーク「踊りたくない芸人」、「警視庁・捜査一課長season5」第2話(2021)ほか。

ダンサー
テコエ勇聖

ダンサー、振付師。SEKAI NO OWARI ツアーダンサー、STAR ISLAND(サウジアラビア)、けやき坂46 MV、吉本坂46 MV、矢沢永吉 MV、Produce 101 Japan season2 出演(2021)ほか。

獅子造形
松岡象一郎

特殊メイク、特殊造形アーティスト、株式会社ジーエム代表。光ファイバーやシリコンなどの最先端の素材を取り入れ、CM、映画、音楽、ファッション、ブランド広告などの様々なメディアにおいて、特殊メイクや衣装、造形物、ディスプレイ等の創作を手掛ける。京都の西陣織に編み込んだ光ファイバーを、シリコン造形物に使用する日本初の表現スタイルも確立。特殊メイクを主軸に、造形やファッションなどの様々なジャンルを融合させた独自の世界観を有するアーティストとして、個展開催のほか、国内外の展覧会にも参加している。
http://gm-atelier.com/


Credit

獅子と仁人 渋谷の舞

銀獅子
吉田翔(NEO Ryukyu)、吉田琉(NEO Ryukyu)
金獅子
仲村渠啓太(創作太鼓集団 心)、赤嶺豪
仁人
黒坂建太、テコエ勇聖
音楽
畑中正人、GOTO
演出
タグチヒトシ(GRINDER-MAN)
振付
伊豆牧子(GRINDER-MAN)
ビジュアルデザイン
WOW
獅子演出
島袋拓也(創作エイサーLUCK)、与那覇仁(NEO Ryukyu)
獅子造形アーティスト
松岡象一郎
獅子造形アシスタント
中村希世、百瀬仁郎
衣装デザイン
中村実樹
舞台監督
小山田サトル
音響
福岡功訓、堀籠勇矢、中島寛之
制作
田井地直己、小森あや、加藤夏帆
配信ディレクション
田村孝史
記録撮影
酒本凌、玉那覇優太、仁山裕斗
企画
株式会社イッカク
製作
仲之條紗織、三橋俊平、天野悠二
翻訳
William Andrews
協力
株式会社ジーエム、株式会社ハレトケ、株式会社TASKO、株式会社Flysound、ライノスタジオ、anre*f studio yatsugatake、テレビマンユニオン
特別協力
東急株式会社、東急不動産株式会社、一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメント、渋谷ヒカリエ、渋谷キャスト、渋谷ストリーム、渋谷フクラス、宜野座村文化のまちづくり事業実行委員会(がらまんホール)
協賛
デジタルハリウッド大学
助成
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
主催
株式会社イッカク

現代芸能「獅子と仁人」渋谷の舞は、Tokyo Tokyo FESTIVALの一つとして実施するものです。Tokyo Tokyo FESTIVALとは、オリンピック・パラリンピックが開催される東京を文化の面から盛り上げるため多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。
Tokyo Tokyo FESTIVAL


Contact

広報・取材・プロジェクトに関するお問合せ

株式会社イッカク 担当:仲之條紗織