新作劇場公演
2022年11〜12月 沖縄・横浜

神の化身か、もののけか。
見えないもの聞こえないものがやってきて、
わたしを超えていく。

新作劇場公演作品「獅子と仁人」を、2022年11月から12月にかけて、沖縄および横浜の2箇所で発表します。金と銀の現代獅子とコンテンポラリーバレエ、声とピアノとタップダンス、そしてAugmented Realityによる超越舞台が、劇場空間に誕生します。

古きと新しきが挑む、シリーズ初の劇場版

現代芸能「獅子と仁人」は、世界にひろく伝わる獅子舞をもとに、これまでにない鑑賞体験の可能性をデジタルテクノロジーで追求する舞台芸術プロジェクトです。2020年11月にオンライン配信でうまれた金と銀の現代獅子は、オンデマンド配信そして野外パフォーマンスへと活動の領域をひろげ、今回シリーズ初となる劇場公演に挑みます。

沖縄と横浜の2箇所を巡回する本作では、多くの新要素がもりこまれています。人知を超えた獅子のデザイン、その獅子にふさわしい舞の型の形成には、日本各所にある獅子の舞を研究しました。共演するのは、優美な男女のコンテンポラリーバレリスト。声とピアノとタップダンスによる協奏がくわわり、リアルタイムCGによるアバター出演やAugmented Realityによる舞台装置が、劇場空間でひとつになります。

クラウドファンディングで新獅子のサポーターを募集

現在あらたな金と銀の2体の獅子頭の製作をすすめています。そこでクラウドファンディングによるサポーターの募集を予定しています(10月下旬)。2020年に獅子を新造した経験と知見をもとに、3Dモデリングにて構造を設計しなおした2体の新獅子は、ただいま3Dプリンティングの工程にすすんでいます。

沖縄獅子の舞手たちに、東京の演出グループとバレリスト、音楽家そしてインタラクティブCGスタジオなど、多彩なアーティストのコラボレーションで実現する本作に、どうぞご期待ください。

獅子と仁人 Facebookページ
GRINDER-MAN Twitter

獅子と仁人 沖縄公演

2022年11月12日(土)13日(日)

会場=宜野座村文化センター がらまんホール
 沖縄県宜野座村宜野座314-1

主催=宜野座村文化のまちづくり事業実行委員会
チケット発売=2022年10月12日(予定)

獅子と仁人 横浜公演

2022年12月23日(金)〜27日(火)

会場=KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
 神奈川県横浜市中区山下町281

主催=株式会社イッカク
助成=芸術文化振興基金
チケット発売=2022年11月1日予定


Credit

獅子と仁人 劇場公演

獅子
赤嶺豪、吉田翔、照屋大地、當山柚人
仁人
Eri、田中俊太朗
音楽
畑中正人、杉本亮、米澤一平、鎌野愛
構成・演出
タグチヒトシ
振付
伊豆牧子
ビジュアルデザイン
WOW
獅子演出
島袋拓也、与那覇仁
ARデザイン
谷口勝也
ARプログラム
高鳥光
カメラ
酒本凌、加部壮平
獅子造形アーティスト
松岡象一郎
獅子造形3Dデータ
株式会社TAPP
衣装デザイン
中村実樹
舞台監督
大鹿展明
照明
上田剛
音響
福岡功訓
制作
田村孝史、三橋俊平、宮﨑有里
企画制作
株式会社イッカク

Project History

2022年12月(予定)
劇場公演「獅子と仁人」
主催=イッカク 会場=KAAT神奈川芸術劇場(神奈川県)
2022年11月(予定)
劇場公演「獅子と仁人」
主催=宜野座村文化のまちづくり事業実行委員会 会場=宜野座文化センターがらまんホール(沖縄県)
2022年7月
野外パフォーマンス「獅子と仁人」
主催=東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 会場=上野恩賜公園(東京都)
2021年12月
イベント出演「TOKYO LIGHTS」
主催=東京都 会場=明治神宮外苑総合球技場軟式球場(東京都)
2021年7月
街頭パフォーマンス「獅子と仁人 渋谷の舞」
アーツカウンシル東京「Tokyo Tokyo FESTIVAL未来提案型プロジェクト支援助成」 会場=渋谷駅周辺4箇所(東京都)
2021年4月
オンデマンド配信版発売「獅子と仁人」
文化庁「文化芸術の収益強化事業」 Vimeo On Demand
2020年11月
ストリーミング配信版発表「獅子と仁人」
文化庁「文化芸術の継続支援事業」 YouTubeストリーミング